婚約指輪って普段は付けていますか?

最近、中学生の娘がいる姉家族と食事をしていたところ、婚約指輪と結婚指輪は両方付けるものなのか、というような話になりました。私は「もちろんだよ。」と即答したのですが、私たち夫婦は、ずっと両方の指輪を重ねて付けています。

今では、中年になりましたが、愛を誓い合い、生涯を共にすると約束をした記念の2品ですので、浮かれているというような厳しい意見もありそうですが、長い事、そのようにしています。「もし、将来太って、指に入らなくなったらどうするの?」なんていう子供らしい可愛い質問もでたのですが、その時は、ネックレスの先に付けて、首からぶら下げておく(さすがにこれは職場ではできませんが。)と答えたら、妙に納得していました。

若い頃は皆、お金がなく、これから婚約・結婚される方たちも、なかなかそういった物にお金を出せない人もいると思います。でも、安い物でもいいのです。二人の愛の誓いの記しなのですから。きっと一生の宝物になります。婚約指輪、大事なあの人に、是非、買ってあげてください。

ダイヤモンドの婚約指輪があります

我が家には昔私が妻にあげた、ダイヤモンドの婚約指輪があります。その指輪は今ではどこかにしまわれたまま、見る機会がありません。この前ふと思い出して、妻にダイヤモンドの婚約指輪のことを聞いたところ、サイズが合わなくなって今では身につけることができないと言っていまいした。

大金をはたいて買ったダイヤモンドの婚約指輪が、もう身につけることができないと聞くと、やはり寂しいと思いました。それだったら買取に出した方が良いのではないかと思いました。私はダイヤモンドの婚約指輪が、一体いくらで買い取ってもらえるのか、インターネットで調べたことがありました。

すると、良いところで、2、3万円と、がっかりしてしまうような値段でした。当時その婚約指輪を買ったときは30万円以上しました。これだったら買取には出せません。後はダイヤモンドの婚約指輪のサイズアップをお願いしてみようかと思っています。

今度同じ物を買おうとすると相当なお金が必要だと思いますので、少しくらい料金がかかっても、その方が良いと思いました。

婚約指輪の代わりにロレックスを

私たちの結婚した時の結婚記念品にロレックスを購入しました。私の妻は普段仕事柄アクセサリーをつけることができないので、婚約指輪はいらないと言っていたので、婚約指輪相応の商品を買おうということになり、話し合った結果お互いにロレックスを送り合うことにしたのです。

ペアの同じロレックスを購入しました。結果的には私たちの生活スタイルにとてもあった選び方だったと思います。結婚して10年たったいまでもお互いにとても大切にしています。特に結婚をして、子どもが生まれるとお互いに自分の自由に使えるお金が減ってしまいます

そのため、まだお互いに独身で自由に使えるお金が会ったときに一生ものともいえるロレックスを購入できたことはとてもよかったと思います。ロレックスは場所や服装を気にせずに見につけることができるのでとても重宝しています。また、年齢を重ねるごとに味が出てきているような気がするので、これからも大切に使い続けていきたいと思っています。

婚約指輪は軽自動車、金属アレルギーなので

私は金属アレルギーなので、指輪とかネックレスなどのアクセサリーを長時間身につけていられない。汗をかくと金属に触れていた皮膚がかゆくなり、水泡ができてしまう。だから、婚約指輪をもらってもつけることができないので、14年前、婚約したときに軽自動車を買ってもらった。

それは結婚指輪もかねている。だから今でも、大事に乗っている。エコには反した、燃費の非常に悪い車だが、そんなわけで簡単には手放せないのだ。結婚式も披露宴もしていないので、普通の結婚じゃないね。主人は、結婚式なんて無意味だと常々言っていたので、私はそう考えている人間と結婚するのだから、純白のウェディングドレスもあきらめ、役所に届けを出すだけというシンプルな結婚を選んだ。

相手がやりたくないと思っていることををやっても意味ないと思ったから。なぜか主人の親からはせめて写真ぐらいは撮れと言われたが、それもしなかった。あれからもうすぐ15年。指輪よりずっと役にたってるよ。

カルティエの婚約指輪

私は、2年前に入籍をして結婚をしました。その際には、両家の家族で結納式をしました。婚約指輪というのは、プロポーズを受ける際に渡されることも多いのですが、結納式の際に婚約指輪を頂くこともあります

私は、最初は婚約指輪はいらないと思っていたのですが、彼の方がけじめとして婚約指輪は絶対にもらってほしいと言ってくれました。そのため、結納式に合わせて婚約指輪を購入することになって、彼と一緒に百貨店に見に行きました。婚約指輪は、高級ブランドやセレクトショップなど、最近はいろんなところから、さまざまなデザインのものが販売されています。

しかし、そんな数ある中で、私は高級ブランドのカルティエのものが良いと思っていました。カルティエは誰もが知っている高級なブランドですし、やはり高級ブランドというだけあって、アフターケアだったりサービスも充実していて、長いこと安心して身に着けることができます。そのため、カルティエの婚約指輪に決まりました。

参考:https://www.cartier.jp/ja/collections/engagement/wedding-bands.html