二人で選ぶようになってきた婚約指輪

婚約指輪は、男性が結婚したいと思った女性に贈る、心のこもった愛情の証としての指輪のことをいいます。

この指輪は、エンゲージリングとも呼ばれていて、ほとんどの男性は、ダイヤモンドが付いているものを贈っていますが、宝石に、特に決まりがあるわけではないので、なかには、誕生石や二人が好きな宝石を選ぶ場合もあるようです。最近では、エンゲージリングと結婚指輪の双方を同時に着けるデザインになっているセットリングを楽しむという人のために、一緒に購入する人も増えてきているといいます。

なお、男性が女性にプロポーズする時に渡すよりも、二人で気に入ったものを買いに行くケースの方が多いともいわれています。それは、生涯でただ一度の贅沢なエンゲージリングを、男性の考えだけでなく、女性の嗜好や考え方にも考慮して購入したいという、近代の公平な考え方からきているようです。

また、近年では、不況の影響や、節約思考の高まりなどもあって、エンゲージリングを贈らないカップルも増えてきているといいます。しかし、そのために、逆にエンゲージリングが稀少なものとなって、その価値が上昇しているとの報告もあるのです。

いずれにしても、贈るほうも、贈られる方も、エンゲージリングは幸せの証として、二人の幸せをずっと見守ってくれるものであることを願わずにはいられません。

女性が欲しい婚約指輪のデザインとは

以前は婚約したら給料3ヶ月分の指輪を贈ろう、というキャッチフレーズで頑張って貯金をして相手に贈る時代がありました。今でももちろん給料3ヶ月分の、という人もいるでしょうが、いわゆるタテヅメのダイヤモンドリングのデザインを選ぶ傾向は薄くなっている様にも感じます。

これは婚約者である女性の社会進出も進み、仕事中でもつけることが出来る引っ掛からないデザインを好む様になったのもひとつです。今は婚約指輪と結婚指輪を重ねてつけられるデザインの物が人気があり、また結婚後もすぐには子供をもうけず、しばらくは仕事を続けるのでこの重ね付けをしておしゃれとして楽しみたい女性の心理が伺えます。

指輪を贈るタイミングも婚約後すぐ贈るパターンと、しばらく色々なデザインを探し選んでから贈られたいというパターンがあります。昔の様に一度つけたらタンスに大事にしまっておく時代から、日常生活でもつけられる様なシンプルなデザインが好まれる様に感じます。

婚約指輪は愛の誓いであり幸せの証です

結婚を決め先ず行なう大きな儀式に婚約があります。その際に準備するもののひとつに婚約指輪が挙げられるでしょう。今もそう言うのかどうかわかりませんが、一昔前までは旦那様になる方の月収の3倍とか数倍とかの指輪を用意するものだなんて言うことも言われていましたね。

旦那様になる方が予め用意されていてプロポーズと共に渡される場合もあるでしょうし、またプロポーズされてから2人で一緒に購入しに行く場合もあるでしょう。どんな形であれ幸せを感じる一時ですよね。

そして結婚指輪は先に書いた月収の何倍とかにとらわれず、その値段に関係なく気持ちがこもっていることが大切でどんなものも嬉しいものです。準備されていたものを渡されるのもサプライズで感激しますし、一緒に選ぶのもあれこれ2人で考えるその時自体も楽しめます。大抵ダイヤが多少なりともあしらわれたデザインのものを選ぶことが多いですよね。

その輝きに負けない位本当に幸せを感じることが出来るものです。実際それと思われるものをはめている女性を見掛けるとやはり何だかキラキラしていて幸せそうです。結婚してしまうとジュエリーボックスに閉まってしまって付ける機会が少なくなりがちですが、それだと勿体無いと思うので何かちょっとした特別の日やお出掛けの時などには積極的に付けたいですね。

そして婚約指輪を最初にはめた幸せな気持ちも同時に思い出すのもいいのではないでしょうか。

婚約指輪にちなんだロマンチックな豆知識

婚約指輪と言えば、やはり女性の憧れです。誰でも、愛する男性からのプロポーズや、素敵な指輪のプレゼントを一度は夢見ることだと思います。この習慣、実は元々は日本にはありませんでした。起源は古代ローマだと言われており、いつしか世界中に広まったのです。

指輪をはめる位置と言えば、もちろん左手の薬指です。これが何故かと言うと、神話に基づいているのだそうです。古代の人は、女性の左手の薬指から心臓に向かって、 1本の血管がまっすぐに走っていると信じており、愛する人の心臓、すなわち心を繋ぎ止めようとしたのがきっかけだと言われています。

また、婚約指輪にダイアモンドが使われることが多いのは、過去の悪い縁を断ち切り新たな道を歩みだすということで世の中で一番硬いと言われるダイヤモンドを使うのだそうです。こんなちょっとした豆知識も、とてもロマンチックですよね。

ぜひとも男性陣には、女性の一生の思い出となるような素敵なものを選んで頂きたいですね。

参考:https://zexy.net/mar/manual/ring_info/kiso_chigai_article1.html

婚約指輪を購入するならここがいいと思う

婚約指輪を購入するならここがいいと思っているお店があります。それが「ふたりだけ ここだけ」を提供してくれる工房直結のジュエリーショップなんです。 オーダー ジュエリーですがフルオーダーとは全く違うリーズナブルな価格で購入することが可能なんです。

あとここのマリッジリング 結婚指輪の中で私が興味を持ったのがマリッジリングは樹齢1000年以上の屋久杉だけを使ったリングです。ちなみに倒木・古木の屋久杉だけを使用しているので環境にも優しいし1000年といえば私達の感覚では「永遠」と言い換えてもいいのではないでしょうか?

そう思うととてもロマンチックだと私は思ったのす。 さらに店のシステムとしていいなと思ったのが都度店員に依頼しないで、自由に指輪を試着できる展示スペース「リングバー」があることです。これなら2人だけで心行くまでリングを選ぶことが出来ますし、リングを購入するのが一つのいい思い出になるのではないでしょうか。

参考:https://f1-jewel.jp/ring/marriage/1919/