婚約の指輪 に関しての情報と記事です

婚約の指輪について、 エンゲージリングの事を婚約指輪と一般的に呼んでいます。ショップによって、色々なリングの形状やデザインが様々です。ブランドによっても、デザインがシンプル、スイート、カジュアル、ゴージャス、個性派的と色々な、デザインから構成されています。リングのラインもストレート、ウェーブ、V字等、ちょっとした違いがあります。

指のタイプによって、似合うデザイン等、サイズが合わない場合もあります。サイズ展開は、豊富なデザイン、サイズ展開が決められているものがあります。価格の予算別に選ぶようにすると、決めやすいと思います。価格的には、安いので、15万円未満、15万円~20万円未満、20万円~30万円未満、30万円~40万円未満と幅広くあります。予算に合った、リングを選ぶのが一番、理想だと思います。安いリングでも、それなりに耐久性もありますし、充分、品質的には、問題なく使用できます

価格にこだわるとなかなか、デザインが決まりにくい傾向にあるかと思います。予算から、好きなデザインを選んだ方が、決まりやすいと思います。この価格差の中でも、豊富なデザインが沢山ありますので、選びやすいです。指の長さによって、似合うデザイン等、ありますので、実際にはめてみるのが一番、いいものが購入できそうです。見た目と、はめた印象が違うのが、リングの特徴です。

十人十色―婚約のスタイルは人それぞれ

人生の大きな節目である結婚。その前の段階として、「婚約」があります。結婚は戸籍上夫婦になったことをいいますが、当人どうしで結婚の約束をすることが婚約といえます。しかし、いつのことをさすんだろう?と、いつの間にか流れで盛り上がってしまう事柄なので、人によってはあれが婚約だったかな、なんてあいまいなこともあるのではないでしょうか?

指輪をもらってプロポーズされたという感動のエピソード以外にも人それぞれいろいろな状況があるように思います。お互いの両親に挨拶に行くことになったとき。将来について二人で話していて、ずっと一緒にいるような会話に自然となったとき。指輪ではなくても何か特別な記念品を交換したとき。どちらかが転勤等で遠くに行くことが決まって、じゃあついていこう、となったとき。

こんなふうに、何かちょっとしたきっかけで突然あるいはいつのまにかおとずれるものではないでしょうか。何と言っても大きな喜びと幸せな気持ちを運んでくるものですから、素敵な婚約を迎えたいものですね。

日本と海外の婚約スタイルの違いって?

日本でいう婚約とは、将来における結婚の約束をするということで、その証として男性が女性へダイヤモンドの指輪を贈ることが一般的となっています。昔は結納の時に迎え入れる側が送り出す側へと現金を渡す風習があり、その慣例に習い、比較的高価なものを証とすることが多く、現代ではペアの高級時計などを証とするカップルもいて、婚約の証も現代のスタイルへと徐々に変わりつつあるようです。

そんな婚約ですが、海外はどのようなスタイルなのでしょう?欧米では指輪の交換やパーティーをするのが主流。但し指輪は日本と違って、ダイヤモンドという考えを持っていません。例えば、チャールズ皇太子が故ダイアナ妃に贈ったのはサファイアだったことからもそれはよくわかります。

アジアやアフリカでは指輪を交換するという風習はありませんが、徐々に生活スタイルが欧米化されていくことで、指輪を交換するカップルも増えてきているようです。それでもルビーや翡翠などの石が好まれていて、「男性の給料の3ヶ月分」と言われる高級な指輪の交換を行うのは、どうやら日本独自の文化のようです。

 

婚約、あなたは本当に覚悟がありますか?

婚約が軽いものとは思っていませんが、どこまで効力があるものなのでしょうか。結婚生活が嫌になれば離婚することもありますが、「婚約破棄」あるいは不履行にも、損害賠償責任があるのでしょうか。あるならその相場はいくらか・・気になるところです。

もちろん結婚まで行き着くのが幸せなのはわかりますが、人の気持ちは揺れ動くもの、ちょっとしたことで可愛さ余って憎さ100倍なんてこともないとは限りません。高価な婚約指輪を返してもらえないとか、そのほかに損害賠償請求されるとか、ネガティブに考えるとキリがないかもしれません。

婚約指輪は月給の3カ月分とか言われてますね(結婚指輪の方かな)。不履行の代償としては金額的には十分すぎるような気もしますが、裏切られた女性の気持ち・親御さんの気持ちを考えれば高くはないのかなあ。やはり、結婚をするには自分の気持ちをしっかり確かめないといけませんね。

「もう迷わない。この人と一生添い遂げるんだ!」と、その強い覚悟さえあれば、私のような考え方は杞憂かもしれませんね。 皆さんは、どうぞお幸せに。

はたして婚約の意味はどこまであるのか

婚約といえば、結納の儀をもってなされるところですがそれなりの時代背景があって、それなりの意味もあったところでしょうが、今や全く単なる儀式にすぎないようです。私が頂いた結納の品々は、私が離婚して実家に帰るまで押入れに眠っていました。昆布もそのままの形で固くなっていました。

息子の相手方の家では、結納はいらないしラフなかたちでの両家顔合わせを希望しているとのこと。同じ年代なのでその辺の事情は良く分かってくれているようで、本当に楽です。こんな時代ですから、彼氏が彼女に婚約指輪でも贈ってあげれば丸くおさまるのではないでしょうか。いざとなれば、現金化できますし。

今日婚姻契約書というものがありますから、金品のやり取りよりずっと現実的で明快です。婚約は婚姻契約書の締結を持って完了する。という未来がもうすぐやってくるかもしれません。結婚を決めた二人の、結婚の約束ですからお互いの気持ちのありようで表現方法はどんどん変わっていくのだと思います。

参考:https://www.mwed.jp/manuals/345/